「金融業界を受けてみようかな」と漠然とお考えの方もいるのではないでしょうか。
金融機関は大きく分けると、銀行、保険、証券、リース、クレジットに分けられます。
今回は、「生命保険」業について解説していきます。

 

そもそも金融とは?

金融機関の役割は“資金を融通する”ことです。企業を例にいうと、上場したい、海外進出したい、他社を買収したい、福利厚生を充実させたい、といった戦略や課題があります。あらゆる企業の成長過程における戦略や課題に対して、ソリューションを提供します。
金融機関の使命は、

 

・お客様のあらゆる夢や希望、あるいは課題や悩みにしっかりと寄り添い、それらを解決へと導く優れたパートナーであること
・高度なリスクテイク能力と金融仲介機能で経済・社会の未来を想像すること

 

と言えます。
資金を融通する金融機関は、「お金が余っている人」と「お金を必要としている人」との橋渡しの役割を担います。
この取引は「直接金融」と「間接金融」の2つに分けられます。
直接金融とは、“お金が余っている人”と“お金を必要としている人”の間に第三者が存在しない取引のことを指します。
お金を必要としている企業が株式や債券などを発行して、お金が余っている投資家から直接資金を調達します。このとき、投資先のリスクは、資金を出す投資家が負います。証券会社は双方にアプローチし、資産・資金運用のコンサルティングを行います。

Smart就活に無料登録する

 

一方、間接金融とは、“お金が余っている人”と“お金を必要としている人”の間に第三者が存在する取引のことを指します。
お金を必要としている企業が、銀行からの融資で資金を調達する場合、企業は銀行を仲介して、間接的に銀行の預金者からお金を借りることになります。
もし、融資した企業が倒産しても、銀行が破たんしない限りは預金者の資金は安全に確保されます。
今回、業界研究を行う【生命保険】業はこのうち間接金融がベースとなります。
保険は、社会保険のように国もやっているほど身近で必要なものです。「保険」は「生命保険」と「損害保険」の2つに分けられます。ざっくり説明すると、生命保険は人に関する保険、損害保険はモノに関する保険です。

 

よく生命保険は傘に例えられます。
突然の雨に備えて傘を用意するように、万が一のことが起こった場合、国の保険ではカバーしきれない部分を守ることが生命保険の役割です。
“ひとりがみんなのために、みんながひとりのために”というお互い助け合う仕組みで保険は成り立っています。
企業によって商品名は異なる場合がありますが、生命保険の商品には、医療保障・介護保障・死亡保障・収入保障などがあります。

 

近年、国民の病気率を減少させるための健康診断を勧める策として、健康診断の結果を提出するだけで保険料が割引される、という健康診断割引を実施している生命保険会社もあります。
これにより、健康診断の受診率が向上し病気率が減少するだけでなく、企業側にとっては、保険加入者に支払う負担額が減少するというメリットもあります。

 

 

生命保険の業務内容としては、“生保レディ”といった保険の勧誘がまず思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
国内最大手の生命保険会社である日本生命を例に挙げると、6つの部門があります。

 

・リーテイル部門 -個人のお客様・中小法人に対して保険のご提案を行う
・ホールセール部門 -企業の福利厚生制度をコンサルティングする
・資産運用部門
・海外事業部門 -現地法人、海外への融資を行う
・お客様サービス部門
・コーポレートスタッフ部門

 

の6つです。
いわゆる“生保レディ”は、企業によりその職種名が異なります。業務内容については、お客様の元へ訪問→保険のご相談→プランニング→ご提案→アフターサービス、が基本的な流れです。
保険はリスクへの備えであるため、加入時期はもちろんリスクが起こる前です。そのため、まだ必要でないことから、お客様の元へ訪問時にあまり良い態度をされないお客様もいます。
そんなときに、諦めることなく高い目標を持って取り組める人がふさわしいと言えます。
生命保険という商品は無形であるため、いかに“自分自身”という価値をプラスしてお客様に提供できるかも営業のカギとなるかと思います。

 

 

補足となりますが、生命保険会社の生保レディを志望している方に注意していただきたいことがあります。
それは給与形態です。企業によって、固定給と歩合給、もしくはその両方を組み合わせた給与など様々です。
その給与形態でご自身の望む生活ができるか、きちんと確認しておいた方が良いですね。

 

いかがでしたか。生命保険の業界研究の中でも、今回は女性の採用数が多い個人営業職にフォーカスをあてお伝えしました。
生命保険会社のCMでは商品名や特徴がわかりやすく説明されており参考になるかと思いますので、普段からぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

■「金融業界」に関連した記事一覧