「金融業界を受けてみようかな」と漠然とお考えの方もいるのではないでしょうか。

金融機関は大きく分けると、銀行、保険、証券、リース、クレジットに分けられます。

 

今回は、金融業界と聞いてまず真っ先に思い浮かびそうな「銀行」業について解説していきます。

 

そもそも、金融とは?

金融機関の役割は“資金を融通する”ことです。

 

『企業を例にいうと』

上場したい、海外進出したい、他社を買収したい、福利厚生を充実させたい、といった戦略や課題があります。

あらゆる企業の成長過程における戦略や課題に対して、ソリューションを提供します。

 

『金融機関の使命は、』

・お客様のあらゆる夢や希望、あるいは課題や悩みにしっかりと寄り添い、それらを解決へと導く優れたパートナーであること

・高度なリスクテイク能力と金融仲介機能で経済・社会の未来を想像すること

と言えます。

 

“資金を融通する”金融機関は、“お金が余っている人”と“お金を必要としている人”との橋渡しの役割を担います。

この取引は「直接金融」と「間接金融」の2つに分けられます。

 

直接金融とは、“お金が余っている人”と“お金を必要としている人”の間に第三者が存在しない取引のことを指します。

お金を必要としている企業が株式や債券などを発行して、お金が余っている投資家から直接資金を調達します。このとき、投資先のリスクは、資金を出す投資家が負います。

証券会社は双方にアプローチし、資産・資金運用のコンサルティングを行います。

 

一方、間接金融とは、“お金が余っている人”と“お金を必要としている人”の間に第三者が存在する取引のことを指します。

お金を必要としている企業が、銀行からの融資で資金を調達する場合、企業は銀行を仲介して、間接的に銀行の預金者からお金を借りることになります。

もし、融資した企業が倒産しても、銀行が破たんしない限りは預金者の資金は安全に確保されます。

 

 

今回、業界研究を行う【銀行】業はこのうち間接金融の役割を担います。

 

銀行とひとまとめに言っても、多くの種類に分けられます。

・都市銀行(三井住友・三菱UFJ・みずほ・りそな)

・地方銀行(本店をある一定の地域に置く)

・その他銀行(ゆうちょ・ネット銀行)

・信用金庫

・信用組合

・労働金庫

・外国銀行

・信託銀行

・農協

・漁協

・政府系金融機関

などがあります。

 

 

例えば、都市銀行は全国・海外に展開し規模の大きい取引ができる、地方銀行は地域密着型で地域の中小企業を支える、といったそれぞれの強みを活かすことができます。

 

 

銀行は「人」「企業」「国・自治体」などにお金という血液を送り込む心臓のような存在です。

 

 

銀行のサービスは、預金・融資・為替の3つに大きく分けられます。

預金は、安心安全に大切な資産を預けることができます。

融資は、個人や企業などの資金調達機能を果たします。

為替は、小切手・手形・両替等の決済機能を果たします。

 

 

銀行の収益=貸出利息収入-預金利子支払い+各種手数料収入 です。

手数料は、ATM・振込・引き落とし・両替・運用商品販売時に発生します。

 

しかし近年、銀行業界全体の流れが変わってきており、本来の収益構造が危ぶまれています。

その背景には、日銀のマイナス金利政策・人口減少による収益獲得機会の減少・少子高齢化や人材流出による会社の後継者不足や産業衰退、があります。

 

企業活動がうまくいけば、雇用も生まれ、預金額が増えたり収益獲得の機会が増えたりすることから、近年新しいビジネスモデルができています。

それは、お客様にもう一歩近づいて本業を支え、顧客の人生をコンサルティングするという、商社・コンサル会社の機能を銀行が持つようになりました。

 

銀行の魅力としては、

・お客様の様々な課題・夢に対し金融の面でアプローチできる

・日本経済を支えるという醍醐味がある

・業務知識をプライベートに活かせる

といったことが挙げられます。

 

 

銀行の業務内容として、ざっくり窓口業務・個人営業・法人営業に分けられます。

 

窓口業務では、口座開設や入出金、収納受付、変更手続き等の業務を行い、支店の「顔」となり銀行のイメージをつくります。

さらに、お客様のニーズや資産状況に合わせ商品提案を行います。

幅広い商品知識・事務スキル・接客マナー・コミュニケーション力などが求められる仕事です。

 

個人営業は顧客の人生のパートナーになり、あらゆる局面でサポートします。

誠実さ・聞く力・提案力・幅広い知識・フットワーク力・情報収集力などが求められる仕事です。

 

法人営業では経営のパートナーになり、取引先企業からの相談業務全般に対応します。

具体的な例を挙げると、ビジネスマッチング、M&A、事業継承支援等です。

個人営業に求められるスキルの他、財務分析力や不動産・法律等幅広い分野の知識が求められる仕事です。

 

 

近年、AIの発達により、LINEで残高確認やアプリでの口座開設ができたり、支店内の案内をペッパー君が対応したり、と店頭業務に変化が起きています。

AIにできる仕事が増えたおかげでお客様ひとりひとりにかけられる時間が増えたわけですから、人にしかできない仕事をしていく必要があります。

 

 

よって、時代や経済の影響をより受けやすい金融機関に必要な人材としては、外部環境や事業戦略の変化に対処できる柔軟性のある人材が求められると考えます。

 

 

いかがでしたか。

同じ銀行であっても、その種類や地域によって描ける銀行員像は様々です。

ぜひチェックしてみてくださいね。