目次

 


 

 

 

マナー関連: OBOG訪問の前後

 

行きたい企業の社員の方の生のお話が聞ける『OBOG訪問』では、印象を良くするためのマナーがあります。

せっかく行きたい企業の社員の方に会うなら、印象良く行いたいですよね!今回はマナーについてお話します!

 

それでは、

①OBOG訪問前 ②当日 ③OBOG訪問後 の3つに分けてお話します。

 

OBOG訪問前

 

OBOG訪問前で1番大事なことは、「アポ取り」です。アポを取る際のマナーによっては、OGOB訪問を断られてしまうこともあるかもしれません。そんな事態にならないように気をつけましょう!

 

 

〈アポ取り〉

アポ取りをする手段は、電話、メール、アプリのチャットに分けて説明します。

・電話

主に、大学のキャリアセンターで卒業生の電話番号を聞き、そこから電話します。卒業背によっては、番号を変えてしまっていたり、実家の連絡先を記載していたりしていて繋がらないこともあるので、電話でのOBOG訪問の依頼はおすすめではありません。

・メール

大学のキャリアセンターや、知人の紹介でOBOG訪問をする際にメールで連絡をします。

件名に「【OBOG訪問のお願い】大学名 名前」

本文に「相手の方の企業名 部署 お名前

自分の大学名 学部学科 学年 名前

OBOG訪問の依頼をする理由

署名(大学名 学部学科 名前 メールアドレス 電話番号)」を必ず入れましょう。

日時については、相手の方の都合の良い日程を送ってもらい、自分自身が合わせるようにしましょう。

・チャット

OBOG訪問のアプリを利用してOBOG訪問をする際は、チャットで行います。チャットだからと言って、友人に送るような連絡は控えましょう。送る内容は、メールの件名なしのバージョンで大丈夫です。

 

〈服装〉

何を着ていけばいいか不安な学生も多いと思います。でも。これを読めば大丈夫です!

社員の方からスーツと指定があれば、リクルートスーツで構いません。ですが、指定がないときは、「オフィスカジュアル」で行くようにすると無難です。指定がないときに、指定がないからと言って普段きているようなTシャツにジーパンやスウェットはやめましょう。

オフィスカジュアルは、会社説明会などで私服と記載されているときにも使えるので何着か準備しておくと便利です。GUやユニクロなどのお店で値段もお手頃で購入できます。

〈質問内容〉

質問内容は前もって準備しておきましょう。お会いする方の仕事内容を少しでもわかる場合は、それについて詳しくお話を伺うこともできます。また、社員の方の雰囲気などについても質問することが良いと思います。

社員の方によっては、OBOG訪問の時間を有意義に使うために前もって質問内容を送る場合もあります。

 

 

当日

 

〈訪問前〉

社員の方と決めた待ち合わせ場所までの道のりは前もって調べておきましょう。迷ってしまって遅刻してしまうことがないように、時間に余裕も持って待ち合わせ場所に向かいます。

もし、何か緊急で遅れてしまうことがあった場合、速やかに相手の方に遅れる旨を伝えましょう。その際に、どれくらい遅れそうかの連絡も忘れないようにしましょう。

〈訪問中〉

必ずメモを取りましょう。また、相手の方の了承を得ることがでできた場合、会話を録音しておくことも良いでしょう。

常に真剣な顔で聞くだけでなく、時折笑顔になったりし、相手の方との会話を楽しみましょう!また、カフェなどに入った際に、奢っていただいた場合必ずお礼を言いましょう。

 

 

OBOG訪問後

 

 

お礼の連絡は必ずしましょう。社員の方も貴重な時間を割いてくれています。そのことを忘れずにいましょう。

時間が経つと、相手の方も学生の印象が薄くなってしまいます。必ず当日か翌日には送るようにしましょう。

件名に「【OBOG訪問のお礼】大学名 名前」

本文に「相手の方の企業名 部署 お名前

自分の大学名 学部学科 名前

OBOG訪問のお礼内容

相手の方のお話で興味を持った具体的な部分

署名」は必ずいれましょう。

 

内定を頂いた際には、OBOG訪問でお世話になった方々に内定報告をすることも良いと思います。

もし、その会社に入社するのであれば、社内の人脈に繋がります!

 

OBOG訪問を通して、企業理解を深めていくことはとても有効な手段であると筆者は思っています。

そのため、その時間を有効に活用し、思い通りの内定をゲットできるようにマナーには気をつけましょう!