日本語がみだれている?

 

 

「言葉遣いが正しくない」と7割以上の方が感じております。

 

「現代の国語が乱れている」派が7割を占めるが「乱れていない」

と。考える人が増加とのこと。

 

英語圏の人々は昔の英文書の解読が行えたが、

日本人は昔の国内書物の解読がほとんど不可だったというデータがございます。

 

 

 

代表的な乱れ言葉としては

 

「ウケる」「やばい」「マジ」「キモい」「むかつく」などの若者言葉

「マジ卍」に関しては

何を言いたいのか、わけわからない。。。

 

体育会系の方に多い語尾「~っす」も、その一種です。

 

おもしろいことに。

言葉の乱れは、10代~20代の方々が中心と

イメージしておりましたが、30代以上の方も間違った敬語を使用している方が、多いことが判明いたしました。

ところで尊敬語と謙譲語、さらに丁寧語の違い、

みなさんは、説明できますでしょうか。。。

 

 

 

 

かんたんに尊敬語・丁寧語・謙譲語とは

 

『尊敬語』

 

目上の人に対して使う言葉。文字通り「尊敬」の気持ちを表しているので、

上司や取引先の相手などに対し「相手を立てるとき」「目上の方が主体になる場合」に使用いたします。

「来る」→「いらっしゃる」

 

 

『謙譲語』

 

目上の方に対して自分を、へりくだるときに使う言葉。

謙譲の意味は「自分を低めることにより、相手を高めること」

すなわち「自分を低く表現する」「自分が主体になる場合」の状態で使用されます。

「来る」→「参ります」

 

『丁寧語』

 

 

目上の方と話すときの言葉。尊敬語、謙譲語と共通しておりますが

丁寧語は話し相手に対して、直接敬意を表す表現です。

「上品に喋りたいときに使う改まった言葉遣い」

「お味噌汁」のように頭に「お」をつける。

 

語尾に「です。ます」「ございます」が丁寧語の区分です。

「来る」→「来ます」

 

間違って使用されている言葉

 

・よろしかったでしょうか

よくお店などで店員さんが「以上でよろしかったでしょうか」

間違って使用しているのが目立ちます。。。

正しくは、よろしいでしょうか。

 

・〜になります

「お会計1000円になります」と。店員さんが使用しているのも見かけます。

「なります」は、物が変化していく様子を表す言い方で

 

「1000円になります」では「1000円ではない物が、これから1000円になる状態」

を。意味するので敬語ではありません。

(日本人でも使い分けられないものを外国の方が覚えるのむずかしいですよね。。)

 

正しくは、「~でございます」

 

・お越しになられる

「お越し」と「なられる」は両方とも敬語の「二重敬語」となり、

誤った表現です。

正しくは、「お見えになりました」「お越しになりました」「いらっしゃいました」

が。適切です。

※ちなみに「二重敬語」は「天皇に関連される場合」は使用が認められます。

「天皇陛下が家の近所にお越しになられる」みたいな。

 

誤解して使用いる単語

 

表現以外に、普段みなさんが勘違いして使用している単語もございます。

・確信犯

×悪いと分かっていて行う犯行

〇正しいことだと信じて行う犯行

 

・破天荒

×豪快で大胆な様子

◯今まで、なしえなかったことを初めてすること

前代未聞。はちゃめちゃ。は類義語。

 

微妙

×良くもなく悪くもなくイマイチな様子

◯趣が深くなんともいえない美しさがある様子

(今度から「あなた微妙な人ね。」と言われたら、なんともいえない美しさがあると捉えて良いのですよ)

 

敷居が高い

×高級すぎたり上品すぎて入りにくい、とっつきにくい

◯相手に不義理などをしてしまって行きにくい。気まずい

 

割愛

×不要なものを省略すること

◯惜しい!と思いながらも、思い切って捨てたり省略すること

 

・姑息

×卑怯。意地悪。

◯一時逃れ。その場しのぎ。

 

△どうでもいいけれど

どうして姑の息と書いて姑息なのか気になり調べてみると。

「姑」は「しゅうとめ」と読むのではなく「しばらく」

「息」は「休息」の意味。もともとは「一息」などと意味されるのに

いつの間にか、姑=ずるい。と解釈されて、間違った使用になってしまったのだとか。)

 

ビジネスや面接で活用できる敬語

 

・わかりました→承知いたしました。かしこまりました。

・すぐに→直ちに。速やかに。早急に。

・見ました→拝見いたしました。

・知りません→存じ上げておりません。わかりかねます。

・言っておきます→申し伝えいたします。

・ちょっと待ってください→少々お待ち頂いても、よろしいでしょうか。

・教えてください→ご教示ください

・(相手の)会社→御社。メールでは貴社。

 

まとめ

 

学生や若い方に限らず、間違った敬語や言葉を使用している大人も

多くいらっしゃいますので安心してください。今から言葉遣いを是正するのも遅くありません。

外国人の方に、「日本語を学ぶために何を使いたいか」聞いたところ、「書籍を読む」が最も多く、次いで「新聞を読む」「辞書を引く」「インターネットで調べる」言葉を知るなら言葉に学ぶのが第一だと思います。

誤った敬語を、就活の面接や入社後、迂闊に使用すると大きな事故へ招きかねない恐れもございます。

防ぐために、正しい言葉遣いに

力を注がれてみてはいかがでしょうか。