就活の際はよく「企業選びは軸を持つ事が大切」と聞かれますが、具体的に“軸”とはどのようなものを指すのでしょう? そして就活を円滑に進めるためには必ず軸を定めるべきなのでしょうか? 面接の場面では人事担当者から「自社を選ぶに至った軸について」聞かれる事も多々あります。その時の回答で迷いが生じないためにも、就活で重要となる“企業選びの軸”について今回は詳しく解説していきます。

 

 

就活相談はこちら!

 

 

就活で重要な「軸」ってなに? なぜ「軸」が必要なの?

 

 

 

 

そもそも「軸」という文字には“車の心棒”や“巻物の心木”から転じて「活動の中心になるもの(要)」という意味があります。ですから企業選びの軸は「企業を選ぶ際の判断基準」と考えるといいでしょう。就活には明確な「軸」が定まっていれば企業選びだけでなく、方針や事業内容への早期的な理解や自身の方向性を決める時にも役立つので就活を円滑に進めるには必須です。企業への就職を考える際に最初は次のような漠然とした希望があるかと思います。

 

自分の趣味や興味のある事を仕事にしたい

人と関わる仕事がしたい

高収入の仕事を見つけたい

転勤は出来ればしたくない

海外事業に携わりたい

 

 

 

 

そこから軸を導き出して就活を進めていくと、志望企業や業界が断然絞り易くなるはずです。逆に軸を定めず様々な企業の資料を集めていくと、どの企業も魅力的に見えて業種や第一志望の企業を絞れなくなってしまいます。それ故に“自分自身の基準作り”が必要になるのです。以下では軸を明確化した際に生まれるメリットをご紹介します。

 

志望企業が絞り易く、効率的に就活を進められる

自分に合った企業を見つけられるので、ミスマッチが防げる

軸がしっかりしていると志望動機を考えやすくなる

 

軸を決めると自分の大切にしたい条件が明確になるので、企業選びが効率的になりエントリーシートを出す企業が絞りやすくなるはずです。ただ、あまり絞り過ぎると視野が狭くなり過ぎるリスクが伴いますが、エントリーシートを大量に出したり、何社も説明会に出席する負担は少なくなります。

また面接で「志望動機」を聞かない企業はありません。「印象に残るくらいのインパクトを与えたい」と考えて、突飛な発言をする必要もありませんが「私は〇〇の基準で企業を選んできたので、御社の方針に共感しました」「私の就活の企業選びの決め手は〇〇です。なので御社の元で活躍の場を与えて頂けたらと考えております」など、自身の軸に沿った受け答えが出来ると良いでしょう。

 

「企業選びの軸」の決め方、作り方

 

 

 

 

軸を決める際には先ず自分自身を見つめる「自己分析」が必要です。「自分は仕事選びで何を重視しているのか?」「どんな仕事がしたいのか?」「何が得意なのか?」を考える大事な工程となります。今までの自分の人生を振り返り、過去に味わった嬉しかった事や大変だった事、勉強や部活などの取り組みで学んできた事を思い出してまとめてみましょう。自己分析ではどんな些細な事でも拾っていくのが肝心となるので、一点一点の要素を忘れないようにノートやパソコンに細かく記しておく事をオススメします。

自分の人生を振り返ってみると自分を客観的に見た「自分軸」が浮き彫りになる筈です。それは自分を見つめ直す良いきっかけになるはずです。そこから一歩進んで「興味がある」「どうして興味が湧いたのか」「過去の経験がどう役に立つのか」まで突き詰めていきます。そして明確化したポイントを「企業選びの軸」へ当てはめていきましょう。

 

「軸作り」を支える3つのポイント

 

「興味」「能力」「価値観」の3つがそのポイントです。「興味」は好きな事・楽しい事と捉えて差し支えないでしょう。仕事をしていれば辛いことも時にはありますが、楽しさを見出せる仕事ならば乗り切る事が出来るはずです。「能力」は要するに自分の得意分野(強み)を指します。企業あるいは職種選択を自身の得意な事と結びつけるのは就活において定石であり、それに活かしやすい長所もアピールしやすくなります。「価値観」は自分の大切にしている事(決して譲れない部分)です。就活生一人一人が“内定獲得”というゴールに向かっているわけですが、それぞれの理想的な働き方や企業に望む事は違ってきます。「働く上で自分が何を重点に置くのか」を考えるのも軸作りでは欠かせません。

 

 

 

 

自己分析も大切ですが、就活では相手を知る事も欠かせません。企業研究・業界研究・職種研究によって明確な「軸」が作れます。相手企業を知る事で「自分は何が出来るのか?」「何がやりたいのか?」がハッキリ浮かび上がるはず。就活ではこのように相手への理解が必須であり、これが欠けるようでは魅力的な志望動機も生み出せなくなってしまいます。

 

「企業選びの軸」の具体例

 

「企業選びの軸」の具体例としては次のようなものを挙げていくと良いでしょう。

 

自身が成長できる環境で働きたい
ものづくりを仕事にしたい

尊敬する経営者のいる企業で働きたい
大学で勉強してきた専門性を活かしたい
人と身近に接する仕事がしたい

持ち前の協調性を活かしたい

海外拠点で自分を試したい
最先端な成長市場で働きたい

将来的な起業を見据えた仕事をしたい

 

一方で、企業情報をもとに導き出した軸のキーワードとしては以下の点が浮かびます。これらには優先順位を設けておくと企業選びで役に立ちます。

 

経営理念
事業内容
社風・職場の雰囲気
社会貢献度

給与

転勤の有無

人事評価

自己成長への環境

ワークライフバランス

 

「企業選びの軸」を決めて活用する

 

 

 

 

志望企業を絞っても結局どの企業が良いのか分からず「取り敢えず内定をもらえればいいか」という学生も少なからずいらっしゃいます。しかし入社して「やっぱり自分には合わない」という違和感を抱き、早期退職してしまうようでは非常にもったいない。そこで「企業選びの軸」が重要になってきます。

 

企業選びの軸を決め、企業研究を行っても実際に企業と接した訳ではありません。インターネットの情報のみで判断すると企業選びそのものを誤る可能性も大いに考えられます。そこで、各企業が開催する説明会への出席や企業へのOB訪問、更には企業理解を深められるインターンシップの参加が欠かせません。インターンシップは種類が複数用意されていますが、職業体験型の場合は実際に企業の元で働く事が出来るので、その企業の事業内容だけでなく、職場の雰囲気を肌で感じる事が出来るので利点が大きく、自分の実績にもなりますよ。

 

「企業選びの軸」を設定するためのポイント

 

自分の能力が活かせるか

その企業が好きかどうか

スキルアップできそうか

安定性と働きやすさがあるか

 

以上の4つを「企業選びの軸」に照らし合わせてみましょう。ブレていないようなら合っている証拠です。

 

入社試験や面接で軸がブレないために

 

 

 

 

応募してきた学生が「企業選びの軸」をどこに置いているかは、企業としては非常に関心があります。面接では勿論のこと、エントリーシートでもその判断基準について書かせる企業も。結果、学生がどう答えるかによって印象が大きく変わります。しかしそれには理由があります。

 

「企業選びの軸」を聞く理由

 

企業が「企業選びの軸」に拘るのは、企業への定着度をイメージしたいからです。内定辞退や早期退社を防ぐ意味合いが大きく、「軸」をしっかり持っている学生ならば将来のイメージが出来ているので、就職後の不安が少なくなります。これによって“長期的に企業に勤めてくれる”期待値も上がり、学生・企業のミスマッチを防ぐ事に繋がります。

 

「企業選びの軸」を聞かれた時の答え方

 

出来るだけ前向きに「自分は何が出来るか」「将来どうなりたいか」をズバリ応えましょう。本心はその会社の安定性や福利厚生が充実している点であっても、それは付随する事項であって、模範解答ならば、その会社で「自分は何をやりたいか」「何に挑戦したいか」をなるべく具体的に語りましょう。

 

 

体験談を加えて理由を明確に

 

更に「どうして」「なぜなら」という理由を明確に話す事です。「何故かというと、その理由は3つあります。その一つ目は〇〇…」などと言うと、何処か芝居っぽく聞こえますが、相手を説得するには重要な手法です。そこに自分の体験談を加えれば更に説得力が増し、聞き手の心証が違ってきます。

 

就活で大切なのは面接で説明出来る「企業選びの軸」を作る事です。前述で挙げた「企業選びの軸」を設定するポイントを参考にして、自分なりの就活を進めましょう。

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか? 企業選びをはじめとする就活の進め方に詰まってしまう大きな原因は、“自身の目的や

方向性にブレが生じたから”が挙げられます。どんなに企業選びや就活イベントへの参加に汗を流しても「自分の強みをどこで反映させたいか」「企業に一番望む事は何か」が曖昧だと、よしんば内定を獲得出来たとしても働いた後で仕事に対する理想と現実のギャップに苦しむ羽目に…。それを避けるためにもしっかりとした“企業選びの軸”を定めて、失敗の無い社会人デビューを果たしましょう!