就活相談はこちら!

 

エージェントとは

 

元来の意味は代理人、代理業者を意味します。

 

就職エージェントも依頼人と企業を介し、就職を斡旋する仲介人の役割を果たします。

離職率の減少。定着率を上げることがエージェントとしてのミッションです。

 

 

 

 

宣伝まがいな記事に再び、なってしまいますが

半分ほど宣伝です。(そこはご愛嬌)

 

このサイトの母体である株式会社LEAPも

新卒紹介事業、中途紹介事業を行う会社で

もちろんエージェントが在籍しております。

 

そのエージェントとは仲介役の他に一体どういった人たちなのか。

 

 

エージェントの仕事内容

 

 

・ヒアリングと自己分析

・はじめから内定獲得まで専任のエージェントが支援してくれる

・履歴書の添削

・面接対策と身だしなみのチェック

・企業研究

・未公開求人の紹介

 

といった、サポートを行います。

LEAPは、こうした経営方針ですが

企業によって差異もございます。

 

就活エージェントへの登録、企業紹介、面接対策は無料です。

(実は会費ウン万円とか取られるものだと思っていた)

 

エージェントの仕組みは企業に依頼主を紹介し

内定承諾、入社に至ったら企業から報酬を受取るというサービスになっています。

稀に前払い報酬の企業もございます。

 

成功すれば、エージェントは企業から報酬を受け取れます。

 

 

 

エージェントを利用するメリット

 

 

 

第三者目線で紹介をしてくれる

エージェントの介入によって、依頼人の適性に合った企業を紹介。

 

smart就活では「100社受けるのは、もう古い」

と。広告いたしております。

 

100社とは言いませんが、数十社エントリーとなると負担は大きいです。

エージェントを活用することで余分なエントリーをする必要はなく

効率的に就活を行えます。

 

依頼人を分析した上で企業を紹介をしてくれるので

入社後の社風の相違、離職ケースが少なくなります。

 

 

フィードバックをもらえる

選考の合否に関係なく、企業からの評価を

エージェントが依頼主にフィードバックとして提供をいたします。

 

1.選考結果の詳細を、企業がエージェントに報告。

(具体的な理由が明記されていない場合、エージェントは企業にフィードバックを回収します。)

2.回収したフィードバックを依頼人に提供。それに伴い、改善策と次に繋げる準備を整えてくれます。

 

栄養を与えてもらい、かつ依頼主を労わってくれます。

(以前、書いたフィードバックの説明をまんま書きました)

 

 

非公開求人の紹介

そもそも、なぜ企業が非公開求人枠を設けているのか。公開してもいいのでは?

と。 お思いになられる方は、きっといます。

 

非公開の措置を取る理由は他社に動きを把握されないためです。

例えば企業が新事業を立ち上げようとしている。

退職者が重なったことによる人手不足。

これらは同業他社に、その動きを察知されないために企業が非公開という形で実施をしています。

案件をエージェントが扱い、適性のある依頼主に紹介したりもしますので活用するメリットは高いです。

 

ですので、紹介される可能性もなくはないわけです。

 

 

エージェントを利用するデメリット

 

機械的に企業を紹介される

響きが悪いですが、企業とエージェントからしたら依頼主は商品です。

(モノに例えてしまい、ごめんなさい)

 

 

上の図をご覧ください。

 

※これはド極端な例です。こんな募集要項はございませんので安心してください。

 

依頼主Mさんはエージェントに登録をしました。

営業は希望せず、事務職を志望しております。

 

募集要項を見ると、Mさんにぴったりな企業は

2社を比べるとB社ですが、エージェントは営業も含まれているA社を紹介してきました。

 

!!!!!!!!!!!??

 

たしかにA社も事務職が業務に含まれていますが

Mさんは営業は希望していませんでしたよね。

 

→A社はB社よりも人員を多く取ります。

そして。A社は成果報酬が、B社より良いです。

 

人を多く募集するということは

その分、採用される確率が高い。

依頼主をA社へ紹介すれば採用されるかもしれない。

 

成功したらエージェントには褒美が出ますし うはうはですね。

 

エージェント側、自らの利益を優先し

依頼主の意向を通さず、無理やり企業を紹介してくる

悪徳なエージェントがいるのも事実です。

 

 

他にも。面談などを一切行わない

主な対応はメールや電話といった遠隔的な関係が売りの

エージェント企業も存在します。

 

LEAPはそういったドライな方針ではございません。

(ちょいちょい宣伝)

 

 

自分のペースで就活を取り組みたい方は不向き

 

エージェントは就活する依頼主のお世話係です。

基本、構ってきます。(それが主な仕事)

自分のペースで分析や改善に取り組まれたいマイペースな方は

少し息苦しいかもしれないです。

 

(マイペースでも順調に就活できているなら問題ないですけど後にも先にもない人は、そうは言ってられないですけどね。。)

 

また。担当エージェントとの相性もございます。

合う合わないは必然です。(人が良ければ頑張れる時もある)

 

「あれ。このエージェントは自分に合わないな。」と感じたら

そのエージェントだけが全てではありません。

他に登録をしてみるのも1つの方法です。

 

 

まとめ

 

同業でも、経営方針は千差万別。

自身は人に構われてほしいか、構われてほしくないか。

エージェント企業との相性もございますので

数名のエンジニアと面談を行い、エンジニアさんを見つけてみるのもアリです。(マッチングサイトの常套句みたいになっちゃった)

 

先ほども申しました通り

エージェントは依頼主のために最善を尽くします。

 

・自身で就活の取り組みがわからない方

・面接を落ち続けている方

・フィードバックが欲しい方

まずはLEAPに登録されてみては如何でしょうか。(宣伝)

 

私は就活でエージェントを利用しなかったので

知識などはLEAPを通して学びました。

 

宣伝やゴマすり無しに

LEAPのエージェントさんだったら安心して

就活支援を頼めるかもと思います。

 

 

エージェントは第三者としての提案。

社会を経験されている大人ならではの意見も言ってくれます。

 

アドバイスを与えてくれる環境は

貴重であり、とても恵まれていると思います。

生かして就活で実践されてみてください。

 

 

(全然関係ありませんが「就活」とキーボードで打つと、3回に1回の頻度で「終活」と誤変換されるので誤字が無いか心配)